kaibikelog

備忘録です

フレームバッグを自作する①

夏のキャンプライドに向けて、CX用のフレームバッグが欲しくなりました。


f:id:veloringer:20170727013732j:plain
今までにもいくつか試しましたが、フレームに合っていないからなんだか格好悪いし、キャンプライドには容量も足りない。
そこで、自分のフレームにピッタリなフレームバッグを自作することにします。色や構造も好きなようにできますし、何より値段が安く済みます。


f:id:veloringer:20170727101604j:plain
製作イメージを落書きしてみました。シートチューブのボトルケージを避けるか迷いましたが、今回はフルサイズでいきます。ボトルはハンドル周りか、もしくはフレームバッグに直接入れる予定です。既製品を見て構造は大体わかったので、あとは生地やジッパーなどを揃えるだけです。


生地はコーデュラナイロンの500Dに決めました。もう少し硬めの1000Dでも良いのですが、目が荒くて防水性が落ちるらしいです。

ジッパーには、YKKの防水のものを使いたいところですが、値段が高いので普通のジッパーで済ませます。その代わり、ジッパーを覆うような被せをつけようと思っています。


次回、製作編に続きます。