kaibikelog

備忘録です

冬期MTBライドのウェア

 冬になって、山に雪が積もるようになりました。

 こんな時期でも、10kg以上のMTBを担いで山を登っていると暑いですし、僕の場合はろくに休憩もせずゼーゼー言いながら山頂まで登るので、かなり汗をかきます。そして、汗冷えします。

 そんな冬のトレイルライド用に、透湿性重視で高機能ウェアを揃えてみたのですが、かなり調子がいいので紹介します。

 

 吸水速乾性のある肌着です。僕はかなり汗をかくほうで、それまでの普通のTシャツではなかなか乾かずにすぐに汗冷えしていましたが、ジオラインに替えて解決しました。

168cm58kgでMサイズを着ていますが、少し余裕があるくらいです。とても着心地がいいので、ライドから帰ってきても脱ぐことなくそのまま一日過ごしています。

厚さに種類がありますが、透湿性を重視してライトウェイトにしました。価格はヒートテックより少し高いくらいです。汗をよくかく人は、ヒートテックよりこっちを買ったほうが絶対に幸せになれます。

 もっと早く買っておけばよかった。

 

  •  MILLET ドライナミック ノースリーブ

汗で濡れたインナーを肌に触れないようにして、根本的に汗冷えを起こさせないというアンダーウェアです。

(ミレー)Millet DRYNAMIC MESH NS CREW MIV01248 0247 BLACK - NOIR S/M (EUサイズ)

(ミレー)Millet DRYNAMIC MESH NS CREW MIV01248 0247 BLACK - NOIR S/M (EUサイズ)

 

 速乾性のあるジオラインですが、大量に汗をかいたときやかなり気温が低いときは、若干ですが冷たさを感じてしまいます。そんなとき、このドライナミックをジオラインの中に着ていれば最強です。また、レースやライドでサイクルジャージを着る際にも、ジャージの下にドライナミックを着ています。夏にこれを着るのもいいかもしれません。ちなみにサイズはS/Mです。

 

  •  PATAGONIA R1 ジャケット

 今まではインナーの上にモンベルのトレールアクションパーカーを着ていましたが、どうしても蒸れてしまうため、透湿性のあるR1フリースを買いました。 

(パタゴニア)patagonia M's R1 Full-Zip Jkt 40128  BLK S

(パタゴニア)patagonia M's R1 Full-Zip Jkt 40128 BLK S

 

  これは使ってみて驚きました。行動中、通気性があって全然蒸れないのに、風が吹いてもあまり寒さを感じませんでした。ジオラインの上に着れば最強です。この組み合わせで、この時期に舗装路を30km/hで走っていても全く寒くなく、暑くもなく、かなり調子がいいです。もっと早く買っておけばよかった。あ、サイズはSにしました。

ただし、性能は最高なんですが、定価だとクソ高いので中古を探して買いました。海外通販という手もあります。

 似たような製品で、MOUNTAIN HARDWEARのマイクログリッドジャケットというのがありますが、フードが要らなかったのと、近くの登山用品店で実物を見ることができなかったのでやめました。

 

天気のいい日中の冬のトレイルは、ジオラインとR1フリースで行動して、頂上で休憩するときだけモンベルのカッパを着て防寒しています。

早朝からライドする時や、標高の高いところに行くとき、天気が悪いときなどはジオラインの下にドライナミックを着て行きます。

 

  •  その他のウェア

ここまで上半身のウェアについて散々書きましたが、下半身についてはほとんどこだわりがありません。なぜかというと、下半身が多少冷えても、震えるような寒さは感じにくいからです。

僕のいつもの下半身のスタイルは、膝下までの適当なスパッツに、ユニクロの薄い半ズボンです。
f:id:veloringer:20171214195526j:image

あと、靴下はメリノウールのやつを履いたりしています。家から日帰りで行く程度の1000m以下の山なら、足が濡れない限り冷たくなったことはないです。

足が濡れそうな雪山に行くときはSEALSKINZの防水靴下を履いていきます。グローブも、アプローチだけシマノGORE-TEXグローブを使います。ゴワゴワするのでトレイルで乗るときは普通の冬用グローブに替えてます。

 

 というわけで、登山用ウェアはいいよ、という話でした。

…でもやっぱり、FOXとかトロイリー着てるほうがカッコいいよな〜